気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のドリカム

<<   作成日時 : 2015/08/29 17:42   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日長男宛にアマゾンからの荷物が届きました。

長男は会社に行き、留守。

私は買い物に行き留守。

家で頭痛で部活を休んでいた次男が

パジャマから洋服に着替え、荷物を受取ったようです。

私は、のんびり買い物して来たので

次男がバタバタしていて、ちょっと

かわいそうなことをしたなぁ。。。

次男宛に、何度か夫からメールが来たようです。

それにも、次男は困惑気味。

一言、頑張れよ!という言葉があったら

次男もそんなに困惑しなかっただろうな。

たとえば、塾の形態、、個人塾か、何人かで

授業を受けるのか。、、、とか。。

そういう質問は一切なし。

お金はいくらかかかるのか、手続きはどうするのか。。と

次男が困惑するようなメールの内容。。

私がその都度、こう書いたら、、、とアドバイスしながら

次男はメールを返していました。

なんて心無いメール。。。

悲しくなりました。

だって、高校は、早稲田、慶応、何処でも良いぞ!と

次男を煽ったのは夫。

残念なことにそこまで偏差値のない次男は

希望の都立高校に合格。

それで今、次男の行きたい大学は決まっています。

でも自分の力だけでは無理。、

なので、塾に通いたいと言い出しました。

それなのに。、。。頑張れよ。、の一言もない。

夫には。。。心がないのです。

私にはそれでもいい。

でも、子ども達には、ごめん、悪かった。や

頑張れよ、応援してるよ。の一言があったら

今のような状況にはなっていなかったはずです。

もう、、、たら、、れば、、、の話になるので

ここでやめます。


気分を変えて。。。

昨夜は雨だったので歩くのをお休みしていたら

遅く帰宅した長男が

母さん、遅くなったけど。。。と

ドリカムの最新のCDをプレゼントしてくれました。

ワーイ!!

嬉しい。


今日は次男と出かけてきて

午後帰って来て、2人で爆睡。。

そこへピンポーン、、、宅急便が。。

私が頼んだ六花亭からのお菓子。。

子どもの好きなものも頼んでおいたので

あとで、一緒に食べようと思います。

さーて、、、今夜は次男の入j塾の手続きに行かないと。。。

夕飯の支度を始めますね。


今日は、ちょっと暗い内容になってしまいました。

ごめんなさい。


でも、今、私は

長男がプレゼントしてくれた

私のドリカムを聴いて

とても癒されているので、大丈夫です。

夕飯の支度、頑張りまーす。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
男は黙って…です。
私もあんまり息子たちには言いませんでした。
私の父もあんまりそんな事を言いませんでした。
男同士、、言わんでもわかりあえる…と思っているのです。
但しこのことは、今の時代にあっていないかもしれませんね。
のぶちゃん
2015/08/30 12:18
のぶちゃんさん、こんにちは。
暗い内容の記事にコメントいただき
ありがとうございました。
男は黙って。。。よくわかります。
私の父もそういうところがあって
よく母と、うるさい!と喧嘩していましたから。。
でも、一言、あれば違うと思うのです。
長男に対して、夫は酷いことをしました。
でも、それに対して、ごめん、悪かったの一言は
とうとうありませんでした。
それで長男との確執ができてしまいました。
次男は、、、、可愛いのでしょうね。
昨日は何度もメールがきて、困惑気味の次男でした。
本当は夫に携帯のメールアドレス、電話番号を
教えたくなかった次男。。
夫が知ったら驚愕するでしょう。
夫は私のブログを知らないのであえて書きましたが
のぶちゃんさんのような、心の優しい方は
男は黙って、、、でも、伝わると思うのです。
でも、我が家は、、、、マイナスの事ばかり言ったり
行動したりするので、今距離を置いていることは
逆に私と子供たちにとって、良い環境になっています。
この先、どうなるのか、、、、不安な気持ちもありますが
上手く乗り越えられると良いな。と思っています。

コメント、気持ち玉、ありがとうございました^^
ちゃる
2015/08/30 16:23
男同士の親子では、それでいいんです。
男の子は永遠に父親がライバルなんです。分かりあえるなんて思っていません。しかし私のようなこの年になって、ようやく父親のしたこと、言ったことが、ストンと腑に落ちます。
お父さんは偉かったなあ、、今になって思います。分かるのは短いスパンでなく、とてつもなく長い間わだかまりを持っていてもいつかは理解できるようになります。そして、息子さんが父親となり年頃の、しかも多感な時代のその息子と確執が生まれることもあります。ただし、どの家庭でもというわけではありませんよ。私は今になって父親が恋しいのです。
のぶちゃん
2015/08/30 19:42
のぶちゃんさん、こんばんは。
再コメント、ありがとうございます。
長男に対して、夫は虐待に当たることをしました。
怪我をさせたのです。
それも夜の11時過ぎ。。です。
夫が長男を夜間の救急病院に連れて行ったのですが
その時、病院の先生に
お父さん、これは虐待と言ってもいいくらいです、と
言われたのにも関わらず
長男にはとうとう、謝罪の言葉は一切なし、、、でした。
なので、長男は、絶対許さない!と言っています。
私も、それは仕方の無いことだと思っています。

のぶちゃんさんのお父様、、良い方だったのですね。
私も実は母より、父の方が大好きでした。
なので、父が亡くなったことを受けいれるのに
とても時間がかかりました。

母は去年の28日、ホスピスに転院しました。
1番辛い時期でした。
先程姉からメールが来て、去年の今頃は
お互いに辛かったね。。。という内容でした。
姉がいたから、子ども達がいたから
頑張れた。、、、そういう時期でした。

お父様が恋しいのですね。
私も夢で良いから、両親に会いたいです。

コメント、ありがとうございました^^
ちゃる
2015/08/31 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のドリカム 気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる