気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマの一場面のような出来事

<<   作成日時 : 2013/10/17 18:09   >>

トラックバック 0 / コメント 9

今朝は5時40分に起きました。

もうちょっと寝ていたかったです。

気温が低く、寒いくらいでした。

外の方が暖かい気がしました。

朝いちで接骨院へ。。

どうして昨日来なかったの?と真顔で先生に叱られました。

台風のせいと、用事があったので。。。と謝りました。

うーん。、、、でもちょっとなんだかな。。。という気持ちでした。

午後は母の病院の付き添い。

先日受けた検査の結果を聞きに行きました。

姉も来てくれて

結果を3人で聞きました。

大腸検査を渋っていた母ですが

先生に説得されて、検査入院、2泊3日と言う事になりました。

それで検査入院の事を説明を聞く人と

先生が伝え忘れたことがあるので

もう一度姉か私と話したいというので

姉が私に行ってきて。というので

聞きに行ったら・・・・

母の横行結腸にガンが見つかり

肝臓に転移している。。。。と言われ

ショックでした。

ドラマを見ているようでした。

高齢なので、手術も抗癌剤も無理でしょう。。。と言われ

母に事実を伝えるか,伝えないか姉と相談して

来てください。。。と言われ、もう頭の中が真っ白。

泣きたくなりましたが、我慢して聞いていました。、

姉にはあとで話があるから

夜電話してもいい?といい

母の前では笑顔でいました。

帰り母と一緒に、母のパジャマと下着を買い

家まで持っていってあげるよ。、といったのですが

いいよ、持てるから・・・と母は帰って行きました。

母の後ろ姿を見たら、、もうだめでした。

家につく前から涙が溢れ、、、、号泣しました。

こらえていたものから開放されて

プツンと糸が切れたようでした。

お友達に電話して。、聞いてもらい,癒されました。

姉も電話をくれました。

母の性格からいうと、先生から、事実を聞いたほうがいいと思うと

姉は言いました。私も同感です。

大腸検査の入院の検査の夕方、先生と私と姉とで話し合い

翌日、母に先生から、宣告してもらう予定です。

きっと母は余命を聞くでしょう。

それがどれくらいなのか。。。怖いけど、聞かないといけないだろうな。

辛いです。

このブログにも事実を書こうか迷ったのですが

書くべきと思い、書きました。

ちょっとショックですが、何とか乗り超えていきたいです。

これからが大変だけど、一緒に乗り越えていこうよ。と

言ってくれた姉が頼りです。

メソメソしてても始まらない。

前に進めるように頑張りますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜♪

お母さん大変なことに なりましたね。
私の妻と 同様の状態のようですね。
私の妻は 11年前の12月に 癌が見つかりました。
お母さんと同じような 横行結腸癌が肝臓に転移でした。
医師が妻がいないときに”もう手遅れです!”と言われました。
妻には告知しないで 大学病院への紹介状で 即入院し、
食べ物が 腸を通過しないので、
横行結腸のガンだけは 手術で取り除きましたが、
肝臓のガンは 手の施しようが ありませんでした。
なので 大学病院では 緩和療法でしのぎました。
そして入院して2か月半で 息を引取りましたよ。
お母さんと病状が まったく同じようなので、
お母さんも 覚悟を決めた方が 良いですかね。
変なことを言って ごめんなさいね。
これからしばらく大変になるので、
気持ちをしっかり持って 看病してください。
そして 精神的にも 肉体的にも つらいでしょうが、
ここは 持ち前の 前向き精神で がんばりましょうよ。
長いコメントで ごめんなさいね。
くれぐれも お大事にしてくださいね。
バンビ2
2013/10/17 19:22
とても受け止めるには重たい事実でしたね。
お母様が癌に犯されている事実は変えられないかもしれませんが、お母様はまだ生きる権利を持ってらっしゃいます。
人は誰でもいつか亡くなってしまいますが、その瞬間までは確かに生きているのです。
こんな宣告をうけるお母様を支えて差し上げるのは大変だと思います。
もしここで少し吐き出すだけでも楽になれるなら、どうぞ心の中の重たい物をここに置いていって下さい。
ちゃるさんもお体をお大事にしてください。
青井つかさ
2013/10/17 21:09
バンビ2さん、こんばんは。
そうでしたか。。。奥様も母と同じ状態だったのですね。
告知されずにいたのですね。
母は、きっと黙っていると、余計勘ぐってきて
姉も私も辛くなると思うので、先生から宣告してもらうつもりです。
きっと母は、後どれ位生きられますか?とも聞くと思います。
私は母にとっていい娘ではなかったと思います。
正直、距離を置いていた時期もありました。
その穴が最近やっと埋められてきていて
一緒にお寿司やおそばを食べに行ったりできて
母もとても喜んでいました。
3人でデパートに行ったこともあります。
その時も母はご機嫌でした。
まだこれからなのに。。。と思うと
とても辛いです。
でも、できる事をして行きたいと思います。
辛いお話をしてくださり、本当にありがとうございました^^
とてもありがたかったです。
母が先生から告知を受けて、その後、母が望むように
してあげたいと思っています。
これからはもっと実家に顔を出すようにします。
電話ももっとしていきたい、そうしていかないと。。と
思っています。
今こうしてお返事していても、涙が止まりません。
でも母の前では笑顔でいよう。、と思っています。
応援、ありがとうございます^^
コメント、とてもありがたかったです。
どうもありがとうございました。
ちゃる
2013/10/17 21:11
青井つかささん、こんばんは。
本当にドラマの一場面のようでした。
まさか自分が体験するとは思いませんでした。
母とは喧嘩もよくしたし、距離を置いてた時期もありました。
それがここ数年で、一緒に出かけたりできるようにやっとなり
母もそれを喜んでくれていました。
生きる権利、。。そうですね。
母の好きなように、今後の事を考えていきたいです。
もう痛い検査は嫌だと言っているので
そうしてあげたいし、母の気持ちを最優先したいです。
でも、母の前では絶対泣かないようにしたいです。。
宣告を受ける時は。。。多分、泣いてしまうかも。。
でも、なるべく頑張ってみます。
青井つかささんの温かいコメントに、また涙です。
正直書くか迷ったのですが、書いてよかったです。
コメント、とてもありがたかったです。
どうもありがとうございました。
ちゃる
2013/10/17 21:20
今日は辛い日になってしまったかも知れないけれど、どう向き合うかを決めたら、あとは後悔を残さないように一つずつ少しずつ・・・
本人も苦しいけれど、周りの家族はもっと苦しい。
でも、苦しい事ばかりではない筈だから。。。

ちゃるさんは一人じゃないよ。それだけは忘れないでいてね(^^)

いつでもまた電話でもメールでも下さい☆

そして今夜は次男君に感謝しています。
本当にありがとうね!


2013/10/17 22:57
おはようございます。
読みました、お母様、癌なんですね。
私も実母、癌で亡くしました。
もう28年前の夏です。
腹部の不調を訴えて 不正出血、病院にかかった時には末期の子宮癌でした。
私には兄が二人いて 女は顔に出るからと姉と私は教えて貰えなかったけど、隠されても、死期に近づくほど気づきました。

私は癌になったら告知してと家族にいってあります。
やっておきたいことあるしね〜〜私も母を避けてた時期があって、今は後悔してます。
どうかお母様お大事にしてあげて下さいね。
アラレ
2013/10/18 06:07
空ちゃん、こんにちは。
昨日は本当にありがとうございました^^
色々聞いてもらえて、救われました。
一人じゃない。。。。その言葉、心にしみます。
姉も、近くにいるあなたが一番大変だから。。といってくれて
心配してくれています。
いつも本当にありがとう^^

昨夜は次男が楽しそうに息子君と、電話していて
あー。、楽しかった。と言っていました。
普段ポツポツとしか話さない子なので
息子君とは笑顔で話していたようなので
ホッとして見守っていました。
こちらこそ、息子君に感謝です。

今、学校で仲のいい子はおとなしい子のようで
一緒の高校に行きたい!と言った時期もあり
えっ、ちょっと待って、と私が慌てたこともありました。
○○君も俺と同じ高校受けてくれたらいいのに。。とも
言ったりしていますが。。
でもそういうお友達は高校が違っても大切にお付き合い
していけばいいんだよ。と言うとそうだねと
納得していました。

母のことで、これからも空ちゃんに相談する事があると
思うので、これからもよろしくお願いします。

親子共々、感謝です。
いつも本当に、ありがとう^^
コメント、ありがとうございました^^
ちゃる
2013/10/18 15:09
アラレさん,こんにちは。
お母さま、、、子宮癌で亡くなったのですね。
そうですか、聞かされていなかったのですか。
でも、衰弱していく姿を見て、わかったのですね。
それはお辛かったことでしょう。
お母様と距離を置いていた時期があったのですか。
私と同じですね。
実の親だからこそぶつかる事もあるし
本音で喧嘩したり、意見の食い違いもあるし
難しいものですよね。

私も子供達には告知してね、といってあります。
胃ろうもしなくていいから、延命処置もしてくれなくて
いいから。といってあります。
健康で長生きできたら一番ですよね。

コメント、嬉しかったです。
どうもありがとうございました^^
ちゃる
2013/10/18 15:19
のぶちゃんさん、こんにちは。
昨日は、ドラマを観ている感じでした。
先生の説明を聞いて、頭の中が真っ白になり
号泣しそうになりました。
でも、母が勘が強い人なので、こらえて平静を装っていました。
家で一人の時号泣しました。
次男には知らせないでおこうと思っています。
長男には伝えました。
とても驚いていました。
近いうちに顔を出すようにする。と言っていました。
私が昔フルタイムで働いていた時、母には長男の送り迎えや
急に熱を出すと、お迎えに行ってもらっていたので
母には、本当に助けてもらって、感謝しています。
親不孝もたくさんしてきたので、これから
どこまでできるかわからないのですが
姉と母の希望を優先していこうと思っています。

気持ち玉、ありがとうございました^^
ちゃる
2013/10/18 15:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラマの一場面のような出来事 気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる